<< 心に大怪我 | main | アカシック「8ミリフィルム」 >>

これからがもっと過酷な気がするな...

震度6弱で、店の食器が続々と割れていく音を聞いていた恐怖、

震度7で、天井が落ちる...もう死ぬ...と、覚悟を決めた瞬間の恐怖、

本震直後、余震に揺れながら人命救助した恐怖、

避難所で、一人ぼっちだった時の恐怖、

夜が明けて、めちゃくちゃになった我が家を見て、今後の自分の人生終わった...と思った時の恐怖、

今後、仕事や生活が実際どうなるかジワジワ考えてた時の恐怖、

収入ゼロになった恐怖、

避難勧告出た時の恐怖、

完全に住む家失ったと確信した時の恐怖、

住む家が見つからないまま荷造りする恐怖、

明日の自分の運命も不明な恐怖

未だに非日常から脱せない恐怖、

短期間にこれだけ経験したら、そら頭もおかしくなるし、色々な考え方とか、震災前と変わる。

泣かない日はないし、ポジティブにもネガティブにもなる。
漠然と、これからどうなるんだろうって、私の周りの人達は、ほとんどの人がそう思って、それでも生きなくちゃって思いで、どうにか生きてる。


って言うか未だに、これ、夢なんじゃないかと、それじゃ一体どの場面から?とか...一年前?十年前?...目が覚めたら実はまだ独身だったりして...とかキリないこと考え始めて、末期だと思う。

今日も避難勧告出た。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.05.03 Tuesday | 22:03 | comments(0) | - | 熊本地震 |