<< 思うこと | main | 家族会議と鬱 >>

震災後の再会

西原村の斜め前のおばあちゃん宅は2回目の地震で1階が潰れたんだけど、幸い、1回目の地震直後に息子さんのお宅に避難していて無事だった。
だけど、お家は住める状態ではないので、もう会えないかな...と思っていたら、今日、子供さん達と、家の様子を見に来てた。

「おばあちゃん...、避難してて良かったね。うちももう住めんとよ」と膝まづいて抱きしめて泣いていたら、「そがんね...」と優しく抱きしめてくれた。

以前、引越しの挨拶に伺った時、「あたたちが来てくれて安心たい!!良かった〜」と喜んでくれて、それ以来、野菜や果物、おばあちゃん手製の焼き芋とか色々差し入れしてくれて、会えばいつも色々なお話しをしてくれてた人です。

泣いている私のことを、子供さん達に
「前から良くしてもらいよると。よかおなごだん。」と説明してくれた。

「元気にしとかなんよ」
「婆ちゃんも元気でね。また会いましょう。ならね。」

とお別れした。

また会えるのか、正直分からない。もう最後かもしれない...。

そう思うと、泣かずにはいられなくて、どうしてこんな目にあわなくてはならないのか、現実を未だに受け止めきれなくて、震災後、初めて声を出して大泣きした。
泣きやむには時間がかかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.04.18 Monday | 17:44 | comments(0) | - | 熊本地震 |