アカシック「8ミリフィルム」

今日のMステ見てたら、
aikoオススメの切ない曲に私の好きなアカシックの「8ミリフィルム」あげてて、「!?」ってなった。

しかも私の好きな歌詞、まんま言ってて、

「君の才能が欲しかった 超好きだったのにな」

aikoも私と同じ異性の惚れ方...。
私と同じ人いるとは思わんかったわ...(゚д゚)

「指にきらきらまとわりついて見えたのに 赤じゃなかったの」

うむ。切ないね。

https://youtu.be/8G3SHaka8ks
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.05.20 Friday | 23:46 | comments(0) | - | 音楽がスキ | 

これからがもっと過酷な気がするな...

震度6弱で、店の食器が続々と割れていく音を聞いていた恐怖、

震度7で、天井が落ちる...もう死ぬ...と、覚悟を決めた瞬間の恐怖、

本震直後、余震に揺れながら人命救助した恐怖、

避難所で、一人ぼっちだった時の恐怖、

夜が明けて、めちゃくちゃになった我が家を見て、今後の自分の人生終わった...と思った時の恐怖、

今後、仕事や生活が実際どうなるかジワジワ考えてた時の恐怖、

収入ゼロになった恐怖、

避難勧告出た時の恐怖、

完全に住む家失ったと確信した時の恐怖、

住む家が見つからないまま荷造りする恐怖、

明日の自分の運命も不明な恐怖

未だに非日常から脱せない恐怖、

短期間にこれだけ経験したら、そら頭もおかしくなるし、色々な考え方とか、震災前と変わる。

泣かない日はないし、ポジティブにもネガティブにもなる。
漠然と、これからどうなるんだろうって、私の周りの人達は、ほとんどの人がそう思って、それでも生きなくちゃって思いで、どうにか生きてる。


って言うか未だに、これ、夢なんじゃないかと、それじゃ一体どの場面から?とか...一年前?十年前?...目が覚めたら実はまだ独身だったりして...とかキリないこと考え始めて、末期だと思う。

今日も避難勧告出た。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.05.03 Tuesday | 22:03 | comments(0) | - | 熊本地震 | 

心に大怪我

今日は雨で、それでも西原村で片付けすると河童さんに言ったら、河童さん、今日は私の車で行く所あって、いないので、雨の中、西原村に1人残すのは不安だと言われ、合志の実家で、ハード系のチェックをしてた。
西原村のリビングにあったレグザ死亡してた...。
PC類はケーブル類がまだ西原村にあるっぽくてチェックできない...。

電子レンジも棚から派手に落ちてて無惨な姿になっていたし、どれもこれもまだ減価償却していないものばかり...。
特にリフォーム代、決して安くはないお金出して、半年で使えなくなるとか、
毎日がショックの連続で、その度に受け止めるのに時間がかかる。

引越し先がないまま、引越し作業をする毎日。不安しかありませんけど...(._.`)

それでも助かっただけでも良かったじゃないって100人中100人に言われるけれど、もはや、そんな次元の話しじゃない。

真っ暗闇の中、自宅前と隣から「誰か助けて」と聞こえてくる光景は、恐怖をはるかに越えてた。

昨日、真っ暗闇の中、助け出したお婆ちゃんが、福岡県の病院から帰宅した。
本震時、右頭から血を流してて(倒れてきたタンスがぶつかったらしい)、私はスマホの懐中電灯アプリを照らし、河童さんが倒壊した家屋からお婆ちゃんを助け出した。何度かけても繋がらない119番を押す私の指はずっと震えてた。
そんな最中でも、隣下の全壊の家からはずっと「助けて」と叫ぶ声が聞こえてた。

昨日、お婆ちゃんに会って、背中をさすりながら「良かったね」と言ったら、私の服をぎゅっと掴み、「ありがとう」と言って泣いていた。
だけどあれ以来、毎日が怖いらしい。
命があっても、心に大傷を負ってしまいました。

それらをどうやって消して、生きていけば良いのだろうね。

それでも生きろとか、酷いな。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.04.27 Wednesday | 14:07 | comments(0) | - | 熊本地震 | 

家族会議と鬱

今日、西原村の区長さんから河童さんに、仮設住宅、入居希望するかどうかの電話かかってきた...。

明日中に、yesかnoか、未定か返事をしなくてはいけない。
いつ出ていっても良いらしく、yesにしとこうかと言うことになった。

区長さん「住居は半壊ですか?全壊ですか?」
河童さん「まぁ、全壊ですかね...」
区長さん「住めないですもんね。」

今後の住まいと私の仕事について家族会議...。

西原村に仮設住まいの場合、今までの住居を取り壊して更地にし、プレハブ建てて仕事場(事務所)にする案が出たけど、

河童さん、現在、繋ぎの就職先を探し中の身で、

被災した我々にとって、熊本市に、去年まで市内に借りてたぐらいの広さの部屋借りて、住居兼事務所で暫くやっていった方が、河童さんも就職先の枠が広がるし、何かと都合が良い気がする...。
西原村の土地のローン、15年あるけれど、あの土地は使わず、ローンが終了と同時に売りに出す(もともとローンが終わったら売りに出す予定でもあった。)。

が、私の案。

河童さん「200坪の土地をそのままにしとくのはもったいないから、あの土地で何かお金産むことした方が良いよ。まぁでも、補助金や保険金がいくら出るかだよね。」


親の面倒がなければ福岡市内に行くところだけどな...。子供がいないから身軽だよね。


そもそも、母親と私の距離を離すため、実家を出た(結婚した)ので、しかし被災し、実家に寝泊りして1週間、そろそろ昔のように私に鬱病の予兆が...出てきてる。



被災のストレスと母親との同居のストレスで、ホントにこれはマズイことになってきました...。

リストカットしたくなる衝動、出てきた...。自暴自棄と、自分を責める感情が生まれるため、自分を傷つけたくなるよね。その辺り分析できた冷静さはあるけれど、今、目の前にカッターあったらまた左腕、ゴシゴシしてそう。

河童さんに「カッター隠しといて」と言った。
「気を確かに持って」と言われた。

暫く収入もなくなるだろうし、しかし様々な返済は待ってはくれない。

自分の未来予想図があったけれど、色んなことが白紙になった。

会いたい人にも会えず、お風呂も満足に入れない。
だけど、私は避難所に避難している訳ではない分、まだ有難い身分でしょうか...。

お気に入りの服着て、遊びに出掛けたい。色んな人としたいことも、予定もあったのに、キャンセルしたのもあるし、予定はずっと未定になった。

被災する前、普通に幸せに生きることが、こんなに難しいこととは思わなかったと思ってた。
だけど、被災した今、思うことは、悩んだり、苦しんだりしてたあの日々でも、それでもそれは幸せなことだったのだろうと思う。

今日は西原村の土砂崩れの心配をずっとしていてとても精神的に疲れました。それに加え、今後の生活と仕事の問題、収入の問題、母親の問題と、抱えるものが多すぎる。

あ、だけれど、「そういう時は深呼吸して、ひとつひとつ整理して、解決していこうよ」と、誰かが言っていそう...。言って欲しいな。


暫く西原村に入れないので、明日から門司港に仕事しに行きます。日曜日の夜、帰ります。実家も西原村の家も心配だけれど、私も仕事がしたい。被災で生き延びた商品を持って行って、販売。


性格もあるんだろうけど、感情の起伏が激しくなってきてて、不安定...。
早く落ち着きたいな...。疲れたね?
まぁ、それでも私は元気。泣くのもったいないよって誰か言ってた。
頭は抱えているけれど、今日は泣いてません!
リスタートだと思う!
きっとそうだから、幸せになると決めたから、やる!
後先考えず失敗も多いけど、それでも今後死ぬまでの人生、何があっても楽しむよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.04.21 Thursday | 23:05 | comments(0) | - | 熊本地震 | 

震災後の再会

西原村の斜め前のおばあちゃん宅は2回目の地震で1階が潰れたんだけど、幸い、1回目の地震直後に息子さんのお宅に避難していて無事だった。
だけど、お家は住める状態ではないので、もう会えないかな...と思っていたら、今日、子供さん達と、家の様子を見に来てた。

「おばあちゃん...、避難してて良かったね。うちももう住めんとよ」と膝まづいて抱きしめて泣いていたら、「そがんね...」と優しく抱きしめてくれた。

以前、引越しの挨拶に伺った時、「あたたちが来てくれて安心たい!!良かった〜」と喜んでくれて、それ以来、野菜や果物、おばあちゃん手製の焼き芋とか色々差し入れしてくれて、会えばいつも色々なお話しをしてくれてた人です。

泣いている私のことを、子供さん達に
「前から良くしてもらいよると。よかおなごだん。」と説明してくれた。

「元気にしとかなんよ」
「婆ちゃんも元気でね。また会いましょう。ならね。」

とお別れした。

また会えるのか、正直分からない。もう最後かもしれない...。

そう思うと、泣かずにはいられなくて、どうしてこんな目にあわなくてはならないのか、現実を未だに受け止めきれなくて、震災後、初めて声を出して大泣きした。
泣きやむには時間がかかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.04.18 Monday | 17:44 | comments(0) | - | 熊本地震 | 

思うこと

最近、母親と仕事のストレスが凄くて、胃は痛いし、息苦しいし、胸が苦しいし、死んでる。

実家に毎日通い初めてそろそろ2ヶ月。最近通うのが苦痛で疲れてる。自宅を出発して帰宅するまでの約3時間、体が苦しい。息ができない。
我慢我慢...と言い聞かせながらやってる。


仕事は、うまくいってない。
なにか大革命起こさないと無理だと思った。

そもそも、こんな思いまでしてやりたい仕事なのかとさえも思う。
9年前、個人事業で初めたときは、普通に楽しく仕事出来てたし、ぼちぼち順調だったはず。

こんなストレス抱えながらやりたいことかな?と自問自答している日々。

だからと言って他にやりたいことも浮かばない。

他にも色々なことが上手くいっていないので、余計ネガティブスパイラルに陥っているんだとも思う。

何か...どうにかしなくちゃって焦る...。
またメンタル病院の通院は嫌なので、自力で早く自分を解放してあげたい。

とりあえず、私名義の住宅ローンが15年...。それまでは消えられない...。

あと、孤独が平気だった自分ですが、孤独に耐えられなくなってきているのはやはりメンタルが狂ったかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.01.29 Friday | 10:15 | comments(0) | - | 雑記 | 

体調すこぶる悪い

ここ最近、体調が悪い。。
自分なりに原因を考えてみたけど、パニック障害の飲薬の終了、
ここにきて、実家通いのストレスを感じ始めてる。

が、怪しい。

眠気、吐き気、疲れが凄い...。
頭がぼーーっとして意識飛んでいきそうになる...。

常に眠くて、朝起きられなくなった。

何だろ...。
辛い...。

あと、ストレスは...。感じてる。もう分かる。
「行きたくない」って思い始めてるから、そろそろ...危ないかな...。

どうしたら楽になるんだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.01.19 Tuesday | 22:56 | comments(0) | - | 雑記 | 

エール!

今日見た映画。
エール!」フランス映画。

耳が不自由な家族を持つ少女が歌手を目指す泣ける映画。

友達に、「まさにあんた」と言われ見てきた。

以下ネタバレ

だらだら感はあったけど、学校の皆と唄うシーンで、音を完全シャットアウトさせる演習が良かった。
音のない世界の疑似体験。

歌の試験で、手話を交えて唄うところから号泣...。

前に、オーディションで手話を交えて自己紹介したことを思い出したよ...。
懐かしいなぁ。

聾唖の両親から生まれてきたあなたが、耳が聞こえていたとき、泣いて喜んだのよってセリフ、まんまだった。私はお婆ちゃんに言われたけど。

結構、あるあるも多くて、それは世界共通なんだなぁと思った。

劇場入ったら、手話で会話しているお客さんがいらしてた。ちょっと話題になってるのかも。


それにしても、やっぱりフランスの田舎のレンガ作りの家とか、壁紙とか、イチイチツボだった^^*
フランス行きたい。


今年も映画、結構見ました^^*
来年2月熊本公開の「サグラダ・ファミリア」(ドキュメンタリー)見に行こうかなーと。(←サグラダファミリアに行きたい人)
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.12.30 Wednesday | 15:24 | comments(0) | - | MOVIE | 

ひとり鍋

ひとりでミルフィーユ鍋...(。?_?)
しかもキッチンで立ち食い(笑)
河童花子は昼間からお酒飲んで寝てしまったので...(。?_?)
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.12.26 Saturday | 14:11 | comments(0) | - | 料理がスキ | 

毎日なにかしらある

パソコンのHDDがやばい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.12.25 Friday | 01:15 | comments(0) | - | アラシ | 









 | 1 / 61 PAGES | >>